>HOME >博士の自然講座 (トップ)森の不思議 第2話  
 
   
森 の 不 思 議    第2話

「竹にまつわる不思議とは..?」

 

  皿倉山周辺のあちこちには、竹林が一つの集団を形成して生い茂っています。針葉樹や広葉樹の林の中に無理矢理に侵出した竹林では、たいへんな迷惑を被っています。

  これだけでは何の不思議さも浮かんでこないのですが、少しだけ探求心を起こしていただければ、そこにはいろんな疑問点が浮かび上がってくるはずです。そのいくつかを書き出してみました。

(1) スギ林やヒノキ林は人工的に植林したのですが、竹林は人工的なのですか..?
(2) 竹は分類上、草ですか、木ですか。
(3) 筍は毎年生えてくるのですか、どうしてあんなに成長が早いのですか。
(4) 竹林は常緑のように見えますが、いつ落葉するのですか、...などです。

  竹って本当に不思議な植物です。今回は皿倉山一帯の竹にまつわる不思議なことがらを探求したいと思います。 

 

 
   
   
 1.竹林の最初は人工的に造成したのか..?
 

 

 スギ林やヒノキ林は人工林であることは確かですが、竹林は人工的であるかどうかを確かめようがありません。ですが、自然的に増えてきたのではないかと推察できます。

  竹の繁殖は根茎の広がりにありますが、もう一つは種子からの繁殖です。竹の花は60年〜90年サイクルで咲くと云われています。従って、竹の花を見た人は少ないのです。

  昔から竹の花が咲いた年は、野ネズミが繁殖すると云われてきました。エサが豊富であれば子孫が増えるのは当然のことです。せっせと運んだ種子の食べ残しが発芽か..? ここらあたりに竹林形成の謂われがありそうです。

 

 
   
 2.竹の栽培の歴史

 

 日本では、竹の字の語源として「竹の葉の形からきている」とか「高きを意味する」とか、『万葉集』にある「太気」、『和名抄』の「多計」からでたなどの説があります。

  植物分類学的には、竹はササを含めて「禾本科(かほんか)」または「イネ科」の中に入れられていました。
近年は「タケ科」にしたほうがよいとの意見が多いと聞いています。

  ミキに対する字は、木では幹・竹では桿(かん)・英語では前者を「Stem」、後者を「Culm」 と区別しています。

  桓武天皇は794年に和気清麿に命じて、仁寿殿の前に呉竹(ハチク)を植えさせた。
  武田信玄は1542年に山梨県・釜無川の信玄堤に..
  柳川藩は1592年に矢部川の沿岸に..
  徳川家綱は1669年に京都の河川堤防に..それぞれ人工的に竹を植栽しています。

  モウソウは中国から1736年と1670年に渡来したとする二説があります。マタケ(真竹、苫竹)・ハチク(淡竹、甘竹、呉竹)は、昔から日本に生えていたという説があります。 

 

 
   
 3.竹と木との違い
 ア.草の中で竹に近いとされるイネとの対比

 

(1)イネと竹とは、花の形態や桿(かん)に中空や桿鞘があることは似ているが、(2)竹は常緑性の多年生で、(3)組織は木質、花はめったに咲かない、(4)地下茎がのびて増えていく、(5)葉には葉柄があり葉鞘につながる(イネには葉柄はない)、(6)竹類の葉には肩毛がある、(7)ササでは葉片が落ちて葉柄が残ること..などがイネとは異なる点です。

 

 イ.木と違う点は

 

(1) 維管束の中に新しい細胞をつくっていく働きのある形成層がないので毎年成長しない。
(2) 地下茎の芽によって毎年、無性的に若竹が出て繁殖する。花はめったに咲かない。
(3) 桿は中空で、若いときは竹の皮で被われている。...など。

 

 ウ.竹の寿命は..

 

(1) 一本の竹は桿の大きいものほど長く、マダケ類では最高20年ぐらい。地下茎は10年あまりで枯死。
(2) いかにも短命のようであるが、新たに地下茎が伸びて若竹が生えて、無性的に生命が続く。いわば手をつないだ家族として寿命は永久である。

 
 
   
 4.竹の成長スピード

 

  タケノコはわずか数ヶ月で親になってしまい、あとは何年たっても大きくならない。伸び盛りは一日に1m20cmも伸びる。こんなに早く成長する植物はほかにないのです。

  「筍」という漢字は一旬(10日間)にして竹になる意であるという。少しオーバーだけど、タケノコの成長の早さを言い表した意義のある漢字だと思います。

 

  タケノコ急生長の謎..?

 

(1) 生長促進物質=ホルモン「ジベレリン・カイネチン」が含まれていて、促進に役立つ。
(2) 早い成長の利点として、節間ごとに生長帯があることと中空であること。
(3) 節の数は桿の太い竹では70以上あるので力強いものとなる。
(4) タケノコの特有の成分として、生長促進に関連する「チロシン」がある。
(5) 竹らしく成長するにつれて、細胞を丈夫にするためにリグニンが必要となる。原料となるのがチロシンである。生長を仕上げるためにチロシン+リグニンは欠かせない物質。タケノコの缶詰の白濁は、主としてチロシン成分である。

 

 
   
 5.竹が2年目以降ふとらないわけ

 

  竹の維管束に形成層がないために連年の生長ができないのです。形成層は樹木などの双子葉植物にはあります。

(1) タンパク質に満ちた形成層・細胞は、外部に師部を、内部に木部をつくり太っていく。
(2) 毎年冬季には生長が衰えるので、年輪ができる。
(3) 維管束には道管(木質部)と師管(師部)があって、根から無機養分や水分を吸い上げるときには道管を通り、葉にいたり光合成を助ける。

 

  葉でつくられた有機養分が降りるときには師管をとおる。たいてい一方通行である。 

 

 
   
 6.竹の紅葉期と葉変わり
 

 

  竹は常緑性ですが落葉もします。ふつう植物の落葉は秋ですが、竹には秋季には青々と葉をつけています。時期はずれの春先になってから紅葉・落葉するものが多いのです。

  竹の葉は出てからわずか一年ぐらいで葉変わりし、若葉に取り替えられています。
  ときならぬ春先の紅葉を「竹の秋」とよび、詩歌の季語となっています。

(1) 緑葉は無機化合物から炭水化物など植物の生育に必要な有機養分をつくるのに欠かせない工場といえる。故に緑葉が多いほど養分も多くつくられ、竹も例外ではない。

(2) 葉の数量は5年生頃までは増えていくが、6〜7年生以上は老齢となり、葉変わりごとに葉の数が減り、歯抜けの状態となって同化作用の働きを鈍くする。

 

 
   
 7.なぜ、春先に葉変わりするのか..?

 

(1) 春先に筍をたくさん生み出すためには、秋から冬にかけて直ぐ役立つ有機養分を地下茎に貯えなければならない。秋季に紅葉・落葉して冬眠するわけにはいかない。

(2) 筍が生えた後は、続いて古葉を落として同化作用の盛んな若葉と取り替えにかかる。竹の衣替えの早わざは、うっかりすると見逃す。

(3) 能率を高めるために、きめ細かな工夫が取り入れられている。例えば、一度に全ての竹が葉変わりしないように、一部は春から秋にかけて若葉に変えていく。

(4) また、一本の竹のうち、全ての葉が一度に変わるのではなく、桿の上方の葉から下方へと次第に変わっていく。 

 

 
   
 8.竹と笹の区別..植物学的な目安として

 

(1) 竹の皮の落ち方で見分ける方法・桿の生長の仕上がるにつれて落ちるのが竹、永くついてるのがササ。

(2) 桿の節毎の枝の数による見分け方・枝の本数が一本のものは小さくてササ、二本のものはたいてい大きくて竹と呼べる。

(3) ササの仲間は竹と違い、葉変わりの用意周到さがうかがわれる。一本の小枝に10枚前後の葉がついているが、この内いちばん下方の葉が落ちると上方に一枚出し、大半の葉を常に保ちながら一枚ずつ若葉に取り替える。 松の葉変わりに似ている。

(4) 竹とササはともに生長や繁殖のうえで基本的な特性に変わりはない。 

 

 
   
   
【 参考文献:   「植物と行事」 湯浅浩史著  「竹と日本人」 上田弘一郎著 など  】 
 
   
 
   
   
Copyright (C) 2006 NPO Hobashira Nature Park Protection Association All Rights Reserved.