>HOME >帆柱の自然・生きもの (トップ) >チョウ・蝶の観察日記 (7〜8月) >4ページ目  
     
 

・帆柱に咲く春の花! (4〜5月)

・チョウ・蝶の観察日記 (7〜8月)

・チョウ・蝶の観察日記 (8〜9月)

 
 
 
 
4ページ目
チョウ観察日記(7〜8月) 2ページ 3ページ 4ページ
チョウ観察日記(8〜9月)      
 
コミスジ

コミスジ
タテハチョウ科・開張約5p

・訪れる花や木=シシウド・イタドリ・ニラ
・翔ぶ時期=4月〜10月

・年発生回数=3回  
・好きな色=白

・食草=ハギなどマメ科    
・特徴など=ミスジチョウと間違いやすいが、食樹はカエデ類であり枯れ葉の中で越冬

サトキマダラヒカゲ

サトキマダラヒカゲ
ジャノメチョウ科・開張約4p

 

・訪れる花や木=クヌギ・コナラ等の樹液・獣糞果汁
・翔ぶ時期=5月〜8月

・年発生回数=2回  
・好きな色=なし

・食樹=ササ類    
・特徴など=樹液を吸いながら少しずつ歩くのはジヤノメチョウ科の特徴。似たヤマキマダラヒカゲは山地型

ヒメアカタテハ

ヒメアカタテハ
タテハチョウ科・開張約4p

・訪れる花や木=コスモス・ヨモギなど主にキク科
・翔ぶ時期=ほぼ周年

・年発生回数=3〜5回
・好きな色=白・桃・黄

・食草=ハハコグサなど    
・特徴など=世界共通種として著名。アカタテハ(ヤ ブマオウ等)、キタテハ(カナムグラ)と似る

アカタテハ

アカタテハ
タテハチョウ科・開張約5p

・訪れる花や木=アザミ類・コスモス・ニラ
・翔ぶ時期=5月〜11月

・年発生回数=3〜4回 (成虫越冬)
・好きな色=白・黄

・食草=ヤブマオウ・カラムシ等
・特徴など=葉を袋状にして、その中に幼虫が一匹ずつ入っている。葉裏は白色がかっている。

イチモンジチョウ

ダイミョウセセリ
セセリチョウ科・開張約5p

 

・訪れる花や木=ウツギ・スイカズラ・ハナウド
・翔ぶ時期=5月〜10月

・年発生回数=3回  
・好きな色=白

・食草=スイカズラ等    
・特徴など=普通は吸水するのは雄だけだが、この蝶は雌蝶もしばしば吸水する


 
     
 
チョウ観察日記(7〜8月) 2ページ 3ページ 4ページ
チョウ観察日記(8〜9月)      
 
     
     
     
Copyright (C) 2006 NPO Hobashira Nature Park Protection Association All Rights Reserved.