>HOME >帆柱の自然・生きもの (トップ) >チョウ・蝶の観察日記 (7〜8月) >3ページ目  
     
 

・帆柱に咲く春の花! (4〜5月)

・チョウ・蝶の観察日記 (7〜8月)

・チョウ・蝶の観察日記 (8〜9月)

 
 
 
 
3ページ目
チョウ観察日記(7〜8月) 2ページ 3ページ 4ページ
チョウ観察日記(8〜9月)      
 
ツマグロヒョウモン・雌 ツマグロヒョウモン
タテハチョウ科・開張約7p

・訪れる花や木=アブラナ・オカトラノオ・ヒャクニチソウ・コスモス
・翔ぶ時期=2月下〜12月中
・年発生回数=5〜6回
・好きな色=白・黄・紫
・食草=スミレ類
・特徴など=雌の前翅の表面の半分は黒紫色で、その先端部に白紋が横切ることからツマグロ。
ツマグロヒョウモン・雄 ツマグロヒョウモン
タテハチョウ科・開張約7p

・訪れる花や木=同上  
・翔ぶ時期=2月下〜12月中
・年発生回数=5〜6回
・好きな色=白・黄・紫
・食草=スミレ類
・特徴など=暖帯の蝶。温暖化で東上の傾向あり。一見ミドリヒョウモンに似ている。
ヤマトシジミ

ヤマトシジミ (翅(はね)が閉じた状態)
シジミチョウ科・開張約3p

 

・訪れる花や木=カタバミ・ヒメジョオン・タンポポ・オオイヌノフグリ
・翔ぶ時期=4月中〜11月上
・年発生回数=5〜6回
・好きな色=黄・白・赤

・食草=カタバミ  
・特徴など=民家の近くで普通に見られる蝶。幼虫はカタバミしか食べない。

ミドリヒョウモン

ミドリヒョウモン
タテハチョウ科・開張約7p    

・訪れる花や木=アザミ・オカトラノオ・ヒヨドリバナ・リョウブ・シシウド
・翔ぶ時期=7下〜10月上
・年発生回数=1回
・好きな色=紫・黄・白
・食草=スミレ類 
d特徴など=若齢幼虫の1〜2oの大きさで越冬。林間に近いところ、タチツボスミレが好き。

ジャノメチョウ ジャノメチョウ
ジャノメチョウ科・開張約4p

 

・訪れる花や木=アザミ・ヒヨドリバナ・
・翔ぶ時期=7月下〜10月上

・年発生回数=1回
・好きな色=黄・白・紫

・食草=イネ科・カヤツリグサ科
・特徴など=夏に出現、低山から高山まで棲息、雌のほうが大きい。

ツバメシジミ

ウラナミシジミ
シジミチョウ科・開張約3p

・訪れる花や木=シロツメクサ・ヘビイチゴ・ヒメジョオン・ミヤコグサ
・翔ぶ時期=3月下〜10月下

・年発生回数=5回
・好きな色=白・紫

・食草=マメ科・特にシロツメクサ
・特徴など=飛んでいるときはヤマトシジミと間違いやすいが、尾状突起と赤い斑紋が見分け点。

イシガケチョウ イシガケチョウ
タテハチョウ科・開張約7p 

 

・訪れる花や木=ヒヨドリバナ・イタドリ・ホルトノキ・リョウブ
・翔ぶ時期=5月〜10月

・年発生回数=6回
・好きな色=白

・食樹=イヌビワ
・特徴など=葉裏に止まる蝶はめずらしい。白地の翅に薄墨色の線を石垣のように描く。

アサギマダラ

アサギマダラ
マダラチョウ科・開張約6p

・訪れる花や木=シシウド・オカトラノオ・クサギ・
・翔ぶ時期=5月〜10月

・年発生回数=2回
・好きな色=白・淡紅

・食草=キジョラン
・特徴など=半透明な斑紋と浅葱色が判別のポイント。飛翅力は抜群、約1600qの記録がある。

ルリタテハ

ルリタテハ
タテハチョウ科・開張約5p

・訪れる花や木=サルトリイバラ・ホトトギス・越冬後はダイコン・アセビ
・翔ぶ時期=3月下〜11月

・年発生回数=3回(成虫越冬)
・好きな色=なし

・食草=ユリ
・特徴など=上翅の白色斑紋は肩章をつけているよう。瑠璃色に対してアカタテハと比較。

チャバネセセリ

チャバネセセリ
セセリチョウ科・開張約3p

 

・訪れる花や木=ダイコン・ヤブガラシ・ランタナ・ヘチマ・コスモス・ソバ
・翔ぶ時期=6月〜11月

・年発生回数=3〜4回
・好きな色=白・紫・黄

・食草=イネ科
・特徴など=白銀点が一列に並んでいるのがイチモンジセセリ、列がやや乱れているのが見分け点。


 
 
チョウ観察日記(7〜8月) 2ページ 3ページ 4ページ
チョウ観察日記(8〜9月)      
 
     
     
     
Copyright (C) 2006 NPO Hobashira Nature Park Protection Association All Rights Reserved.