>HOME >帆柱ガイド (トップ) >みどころ >帆柱森林植物園    
       
 
  帆柱森林植物園
帆柱森林植物園  昭和58年・市政20周年記念事業として着手。対象地 域は皿倉山南斜面のヒノキ人工林約40ヘクタールである。前段に学識経験者による専門委員会の討議をえて基本計画を樹立。

 


 昭和61年に北九州市の木「イチイガシ」の苗木を植栽。年次を追って「シラベ・トウヒ等の森」「クス・タブの森」「サクラ広場」「クヌギの森」「カエデの森」「ケヤキの森」「外国産樹種見本園」・・などの整備が進んできた。

帆柱森林植物園

帆柱森林植物園
  特に年間に2度咲く「フユザクラ」の開花期は、訪れる人が絶えないほどの人気箇所である。今や森林植物園は、春の新緑とともにいろんな種類の開花を楽しめるまでに成長してきた。

  周辺の木々には小鳥や昆虫が飛び交うようになり、森林植物園としての容姿が次第に整ってきたようである。森林を創ることこそ共生の実践であり、人類が生き延びる道である。

 
   
 
 
 
おすすめのみどころポイントです。
見たいスポットをクリックすると詳細がみれます。
国見岩 帆柱森林植物園 皇后杉林 照葉樹林 楓杉峡
 
     
 
 
     
 
公園マップ (ルート紹介)

・みどころ

山の紹介

 
 
 
 
Copyright (C) 2006 NPO Hobashira Nature Park Protection Association All Rights Reserved.