>HOME >帆柱ガイド (トップ) >みどころ >国見岩

   
       
 
  国見岩 〜最古の歴史をもつ
国見岩  帆柱稲荷神社からの登山コースをたどれば、国見岩の脇を通ることができる。約7m足らずの絶壁であるが、ロッククライミングの練習場に利用している。

 この国見岩の謂われは、神功皇后の時代まで遡ることになる。更暮山に登られた神功皇后は、この岩の上に立って周坊・筑紫・豊国(後に豊前と豊後に分割)を望見されたと伝記にある。

 
  ところでこの岩場の生いたちは、皿倉山の誕生まで遡ることになる。約1億1千年前に湖に堆積した厚さ1000メートル以上もの地層が地殻変動で隆起し、侵食を受けてできた山である。

 また、頂上付近には湖の地層と重なって、どこからか高温の火砕流が流れてできた岩石が国見岩であり凝灰角礫岩という。近辺の森林にもあちこちとある。

 さらに、貝原益軒著「筑前国続風土記」では、皿倉山を「前田村、尾倉村の上にあり。郡中第一の高山なり。山上の岩に蛎殻多くつけり。」これこそ湖の底であった記述であろう。

 

  

国見岩
 
   
     
 
 
 
おすすめのみどころポイントです。
見たいスポットをクリックすると詳細がみれます。
国見岩 帆柱森林植物園 皇后杉林 照葉樹林 楓杉峡
 
     
 
 
     
 
公園マップ (ルート紹介)

・みどころ

山の紹介

 
 
 
 
Copyright (C) 2006 NPO Hobashira Nature Park Protection Association All Rights Reserved.